診療日程アクセスマップお問い合わせホーム

お盆の救急歯科診療のお知らせ

お盆(14・15日)の救急歯科診療を行っています。
詳細はこちらです。

チャリティービールパーティーに参加しました

平成29年7月8日(土)18:30より旭川肢体不自由児者父母の会主催の上記パーティーに出席しました。日頃当センターの障害者歯科部門、摂食嚥下リハ部門に通院の患者さんの父母が主催でした。参加者は、会場に700名以上おり当センターからは、障害者歯科部門チーフの久保先生と摂食嚥下リハ部門チーフの薮下と摂食嚥下リハ専門医の服部先生でした。ビンゴと抽選で大変盛り上がり、久保先生も私も景品を頂きました。これからも父母の会との交流会に参加したいと思います。昨年にお米10㌔当選した衛生士会の吉岡チーフは、会議のため欠席でした。(文責 薮下)
 

第9回北海道障害者歯科臨床研究会講演会

 平成29年7月1日北海道歯科医師会館にて「小児摂食嚥下リハビリテーション‐その診断と対応について‐」の講演が開催されました。
 演者は、朝日大学障害者歯科学 玄 景華教授でした。高齢社会において摂食嚥下リハビリテーションは、今後の問題として注目をあびておりますが、重症心身障害児・者に対する摂食嚥下リハビリテーションに対しては、浸透していないのが現状です。これは、摂食嚥下障害のある高齢者の数が、加速度的に増加しているため需要が多いですが小児障害児・者の摂食嚥下障害は、その診断や評価が十分に認知されていないためです。
 玄先生は、「食べる力を伸ばす」で摂食嚥下障害児・者の機能獲得のための支援が必要と考え摂食嚥下障害への診断・評価について分かりやすく概説し、重心児・者の「どのようにして生きる力を育てるか」という大きなテーマに向かっています。今後の益々のご活躍を祈念しております。                    (文責 薮下)

道北口腔保健センター業務引継会が開催されました

平成29年6月18日旭川トーヨーホテルにて旭川歯科医師会本会・道北口腔保健センター・旭川地域歯科医療連携室・旭川歯科学院の引継会が開催されました。当日役員改選があり各部署での引継事務分掌及び内容・現状と問題点・今後の方針について前任者から後任者へ伝達されました。当センターは、中坪副運営委員長から私薮下へ引継があり、今後のセンターの運営を運営委員ともども頑張りたいと思います。       (文責 薮下)

平成28年度道北口腔保健センター摂食・嚥下リハビリテーション症例検討会が開催されました

平成28年度道北口腔保健センター摂食・嚥下リハビリテーション症例検討会が、平成29年2月18日(土)14:00より旭川歯科医師会館大会議室にて開催されました。
 参加者は、20数名で歯科医師、歯科衛生士、旭川市保健所、管理栄養士、言語聴覚士など多職種にわたり参加頂きました。
 今回のテーマは、「食内容、食事形態」でした。基調講演は、旭川赤十字病院の長瀬先生より「共通言語としての嚥下調整食2013の活用」講演頂きました。現在の旭川赤十字病院と関連病院との食形態の統一と今後の課題等について発表頂き大変参考になりました。また、指導医の服部先生より「食形態と嚥下障害」と題して発達障害を有する小児から脳梗塞等による嚥下障害の高齢者までの食形態についてと嚥下内視鏡での状態について詳細に説明して頂きました。また、症例では、小児摂食障害について藤田先生、自院での訪問診療での摂食嚥下障害患者への対応について館先生、脳梗塞高齢者による摂食障害について岡先生が発表されました。今後も摂食・嚥下障害のある患者さんにリハビリテーションを行いたいと思います。写真は、発表頂いた長瀬先生、藤田先生です。 (文責 薮下)

  

〒070-0029 北海道旭川市金星町1丁目1番52号 TEL/FAX 0166-22-2290
Copyright (C) 2006 道北口腔保健センター All Rights Reserved.