診療日程アクセスマップお問い合わせホーム

このたび所長に就任した三宅です

このたび道北口腔保健センター所長に就任した三宅です。
皆様のご期待に添えるよう、スタッフとともに頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。

年末年始救急歯科診療のお知らせ

年末年始(29日~3日)の休日救急歯科診療を行っています。
詳細はこちらです。

「平成30年度 道北口腔保健センター 摂食嚥下リハビリテーション症例検討会」が開催されました

平成31年3月17日 10時より上記症例検討会が大雪クリスタルホールにて開催されました。演題は、
(1) 当センターにおける摂食嚥下リハビリテーションの取り組み  藪下 吉典
(2) 当センター今本班摂食嚥下の記憶に残る嚥下指導の数症例  藤田 浩孝
(3) 当センターでの小児の摂食指導を通して学んだこと 服部 佳子

また、基調講演には、弘中 祥司 昭和大教授が、小児障害者の医療を受診する権利や摂食指導の必要性その他について「小児摂食嚥下障害の動向」と題して講演されました。弘中先生には、障害者の寿命の延命とそれによる問題提起、医療連携など質問が出ていました。これからも患者さんへの摂食嚥下リハを指導したいと思います。

札歯の症例検討会に参加しました。

平成31年3月16日(土)14:00より札歯会館大講堂にて症例検討会が開催されました。道北口腔保健センターから私が、2演題を発表しました。また、当日は、井上 誠 新潟大教授が「それって本当?摂食嚥下リハビリテーション」と題して講演されました。講演は、超高齢社会・高齢者の摂食嚥下障害・歯科医の摂食嚥下リハ・介護食など多岐に渡っておりました。当センターも今後の課題として摂食嚥下リハビリテーションに活用したいと思います。  (文責 藪下吉典)

特別養護老人ホームにて口腔ケア講習会をしました。

平成30年12月19・26日午後7時より特養ねむのきの華にて職員研修をしました。テーマは、「特養での口腔ケア」でした。日頃の利用者さんへの口腔ケアの重要性と方法を勉強し実際に職員同士で相互に実習をしました。
普段から行っているお口の清掃も意外と気付かなかったところもあり、和気あいあいと施設職員が体験したようです。これからも施設の利用者さんに日頃のお口の手入れお願いします。ポイントは、左手をうまく使ってお口を見やすくすることやスポンジブラシを使うときは、回転させながら拭いとる‥等です。12月26日には、長坂所長も参加し施設職員との連携の意見交換しました。                       (文責 薮下)

〒070-0029 北海道旭川市金星町1丁目1番52号 TEL/FAX 0166-22-2290
Copyright (C) 2006 道北口腔保健センター All Rights Reserved.